スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

ヨネックスとの契約

スポーツメーカー、ヨネックスと用具契約をしたのがプロになったばかりの頃の石川遼です。
金額的にはよく分かりませんが、一説によると1年間2億円を越えているんじゃないかと言われているのです。あの宮里藍や横峯さくらでさえ3年間で1億円じゃないかと推定されるので、本当だとしたら凄い破格の値段で石川遼の価値がとてつもなく高い事が分かりますよね。

石川遼とヨネックスの関係はこれが始めてではないらしく、石川遼が小学校4年生の時に父親にヨネックスに連れていかれたそうですが、その時からヨネックスと石川遼の関係は始まったのです。
その信頼関係は強く、人間関係においても良い状態である事が伺えるのです。 通常、契約を結ぶとヨネックスのクラブしか使ってはいけない等との規約が有りますが、ドライバーに関してだけはヨネックスのモデルが直ぐに馴染めるかどうか分からないので1年間は試用期間を設ける様にしたそうです。

ヨネックスとの用具契約にはクラブ全般、キャディーバッグ、バイザー、ウェア、シューズ、グローブ等、ゴルフに関わる全ての用具を使用するとの契約になっているそうです。
元々石川遼はヘッドカバーに好きなイアン・ポールターのイラストが書かれた物を使っていましたが、アマチュア時代に使っていて気に入っていた用具が使えなくなる、見られなくなるのはちょっと寂しいかもしれませんね。今ではヨネックスのマークと石川遼は馴染みが付いてきたので、テレビで見るのが楽しみかもしれませんね。
<< 石川遼がクラブを粗末に・・・ | TOP | 石川遼の紹介1 >>
| ヨネックスとの契約 | 石川遼 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ