スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

石川遼の紹介2

アマチュアの頃からゴルフの成績が優秀だった石川遼
2005年には関東中学校選手権で優勝、進んで全国中学校選手権でも優勝をしました。こうした事からも分かる様に石川遼は中学生大会において常に上位に名前を置けるほど実績を持っていたのです。

高校生になるとチーム・ジャパン・ジュニアゴルフが2007年に発足し石川遼はチームの一員になりました。
そして5月、プロゴルフツアーのマンシングウェアオープンKSBカップにてアマチュアで有りながら石川遼が史上最年少優勝を飾ったのです。この時から多くの人が石川遼を知る事になり、ハニカミ王子として一躍注目を集める事になったのです。今までアマチュアでプロゴルフツアーで優勝したのはたった1人と言う事ですので、かなり凄い記録で有る事が分かります。ハニカミ王子と言う名前が付いたのもこの時で、石川遼の優勝インタビューをした瀬戸内海放送のアナウンサーが石川遼の言動を見てフッと言った言葉が全国に広まったのです。

この年に石川遼は海外も含めて色んな大会に出場しましたが優勝、予選落ちと波が有る結果になりました。
そしてその年の2月、ギネスに世界最年少優勝記録として申請し、認定される様になったのです。そしてその翌年の1月、史上最年少でプロゴルフへ転向すると発表をして大活躍をする事になるのです。その活躍は多くの人がご存知ですよね。プロ2年目にして賞金王を獲得したり、マスターズに参加出来たりと幸せなゴルフ人生を送っているのです。まだまだ若い石川遼ですので、今後どの様な活躍をするのか楽しみです。
<< 石川遼の紹介1 | TOP | 資格試験のための勉強法 >>
| 石川遼の紹介2 | 石川遼 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ