スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

プロゴルファー石川遼の誕生

父親に6歳の時にゴルフ練習場へ連れていかれたのをきっかけとして石川遼のゴルフ人生が始まりました。
しかしずっとゴルフばかりをしてきた訳ではありません。
小学生の時にはサッカークラブに入っていたそうです。
またゴルフ部が無い中学校へ進学すると、ゴルフに必要な足腰を鍛える為に陸上部へと入部したそうです。そしてゴルフ部が有る杉並学院高等学校へ進学して本格的にゴルフへの道に入って行く様になるのです。

そんな中2007年に開催されたのがマンシングウェアオープンKSBカップです。
プロが戦う中、アマチュア枠として参戦したのが石川遼で、初参戦で初優勝、史上最年少と言う偉業を成し遂げたのです。
悪天候で初日中止、最終日2ラウンドを行うと言う条件の中、石川遼は逆転優勝をしていくのですが、ギネスに認定される記録となり、人々に石川遼と言う名前が知られる事になりました。
これからプロに転向表明したのは直ぐの事で、高校に行きながらプロツアー参戦と言う厳しい道を辿る事になるのです。

石川遼が注目を浴びた
あのアマチュア時代の優勝の際、実況中の瀬戸内海放送の多賀アナウンサーがつい言ってしまった「ハニカミ王子」と言う言葉は瞬く間に日本中の人が知る名前になりましたよね。
当時は高校野球でブレイクした斉藤選手のハンカチ王子と人気を二分していた様な記憶が有るようなと言う感じがします。
こうした経緯から皆さんが良く知る石川遼プロが誕生したのです。
<< 石川遼が叩きだす経済効果とは | TOP | ひげを薄くする大豆イソブラボン >>
| プロゴルファー石川遼の誕生 | 石川遼 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ